水分と脂質成分のバランスのとれた、理想の肌タイプです。
十分な水分を保った肌細胞とそれを保護する皮脂とが適度な状態の健康肌ですが、体調やホルモンの変化、季節や肌をとりまく生活環境などでの変化を起こしやすい肌でもあります。
皮脂は少なめで水分が不足して、かさつきやすく荒れやすい肌はこのタイプ。乾燥肌になるのは、皮溝が浅く、斜面に流れていて皮丘があまりはっきりしていないため、 皮脂膜形成能力が弱く乾燥しやすくなっているからです。
皮脂の分泌も水分も充分なのに、何となくあぶらっぽく、べたつきやすい肌です。毛穴が大きく開き、ニキビができやすく、肌がくすみがちに見えます。皮丘が広く、皮溝が深くなっています。
皮脂が多いのに、かさつきやすい。皮脂の量に比べて水分量が少ない肌です。全体的に角質層が厚く、年齢と共にキメが荒くなり、ザラつきやすくなります。夏は脂性肌でも、冬になると脂性乾燥肌になってしまう人もいます。