紫外線A波・B波、薬物刺激、ヤケドなどによることもありますが、一般的には長い期間繰り返して、日光に当ったことが原因と考えられています。特徴は、ソバカス状の小さい色素斑が多発する小斑型と大型の色素斑がありますが、両者が合併して発生することもあり、厳密に区別することはできません。

30歳過ぎから見られはじめ、50歳くらいで顕著になってきます。男女ともに見られます。

日光に当たりやすい顔面、手背、前腕伸側などに見られますが、胸部、背部といった被覆部にも見られることがあります。