ニキビとは、毛穴につまった皮脂にアクネ桿菌が繁殖し、炎症を起こした状態を指します。さらに、体内のビタミンB群やマグネシウムが不足したり、ホルモンのバランスがくずれた時、ニキビができやすくなります。とくに、20代半ばにできるニキビは、生活習慣や食べ物の変化が大いに関係してきます。ニキビには、よく知られている白ニキビ、黒ニキビのほかに、丘疹、膿胞があります。