皮膚は、紫外線から細胞のDNAや真皮層を守る働きを持っています。表皮の下部にあるメラノサイトは紫外線を受けると防御のために、メラニンを増やします。このメラニンの生産量が多かったり、できたメラニンの排出がうまくいかないとシミ・ソバカスになって目立ってきます。

紫外線はUV(ウルトラバイオレット)といわれ、波長の長さによって「A波」、「B波」、「C波」に分類されます。A波(UVA)は肌の奥まで届きシワやたるみの原因となります。B波(UVB)は肌の表面に赤い炎症(ヤケド)を起こしたり、ソバカスをつくる原因となります。C波は地上に届くことはほとんどありません。